特注サイズ - 組立実例 - NO.4

会社社章
本  社〒983-0833宮城県仙台市宮城野区東仙台4丁目2番2号
TEL 022-257-4603 FAX 022-295-6543
亘理工場〒989-2331宮城県亘理郡亘理町吉田字大沢61番10号
TEL 0223-32-1310 FAX 0223-32-1310


このページには下記の作品が収録されています。

一体型落下防止ガード付きベッドフレーム
ヘッドボード付きシングルベッドフレーム
セミシングルベッドフレーム
セミダブルベッドフレーム
ヘッドボード付きをシングルタイプを2台あわせてダブルベッドフレームとして使う
土台脚を6本に補強したベッドフレーム


一体型落下防止ガード付きベッドフレーム

作意としては、落下防止ガードがオプションとしての後付タイプでなく本体と一体型をした作りになっています。 片側のみに1箇所付けられています。落下防止ガードの高さは床面から200mmの高さに設定しました。 幅は約800mmにしています。本体のベッドフレームの大きさは長さ1920mm×幅1090mmのシングルサイズ、 高さが少し高くて床高さ650mmあります。補強材として土台脚に根がらみ(下桟材)が3方向についています。 組立所要時間はおおよそ30分程度と見ています。

フレームと土台脚の取り付けはじめにフレーム枠を組み立ててから土台脚に乗せるように組みつけていきます。 右奥の土台脚のみ高くなっているのが分かります。
根太の取り付けと落下防止用柱根太という床板を支える横架材を取り付けます。根太の一本のみ 落下防止用柱を取り付けた太い根太にされています。
床板の張りつけ床板をすのこ状に張っていきます。落下防止用柱には床板厚み分のシャクリ加工がされており 床板がスッポリ納まる様に加工済みです。
落下防止ガード板落下防止ガードは高さが200mmタイプ、横板は2枚重ねで柱に溝を掘っているので差し込んでいくだけです。
落下防止ガードの完成最後に笠木を取り付けて落下防止ガードの完成です。脚の下に見えるのが根がらみです。
片側にのみ落下防止ガードをつける片側にのみ落下防止ガードを付けられました。
ベッドフレームの完成完成画像です。根がらみは3方向についています。床高さは650mmあります。


ヘッドボード付きシングルベッドフレーム

1)概要:組み立て済みのヘッドボードを付けるシングルサイズ
2)サイズ:長さ1950mm×幅950mm×高さ350mm×ヘッドボード高さ450mm
3)特徴:ベッドボードは既に作られた組み立て済み製品を本体ベッドフレームに取り付けるだけで完成します。
4)仕様:国産ヒノキ材使用
5)組み立て時間:組立30分程度

枠と土台脚の取り付けフレーム枠を組み付けたら土台脚の取り付け。
土台脚には切込みが加工土台脚は枠分が乗る切込み加工がされる。
四方の土台脚を付けるフレーム枠に土台脚をすべて取り付けている。
根太を付けるフレーム枠には根太掘りがされているので根太を取り付けていく。
床板を張る床板を床スペンサーを使い張ってベッドフレーム部分は完成。
ヘッドボードの表側桧で作られたヘッドボードの取り付け。
ヘッドボードの裏側化粧ベニヤの裏側


セミシングルベッドフレーム

概要サイズ特徴・仕様・所要時間
セミシングルサイズ長さ1800mm×幅700mm×高さ350mm国産ヒノキ材で作られたスタンダードなセミシングルサイズのベッドフレームです。組立15分

枠フレーム四方の枠フレームを取り付けます。
土台脚の取り付け四方の土台脚を付けて止めていく。
根太の取り付け根太掘りされたすべてに根太を取り付けていく。
床スペンサー床板を張って行く。床用スペンサーを使うと容易に隙間を等間隔にできる。
ベッドフレーム完成床板にすべてビスを止めて完成。
セミシングルベッドフレーム作品へ


セミダブルベッドフレーム

概要サイズ特徴・仕様・所要時間
セミダブルサイズ長さ1960mm×幅1150mm×高さ450mm床高さを450mmと高く設定して床下に高さ300mmの収納ケースが納まるようにしています。国産ヒノキ材使用。組立15分

枠と根太枠を4方組み立て、土台脚に乗せられて真ん中の根太を取り付けた状態
根太の取り付け根太の上部にはビスの下穴があいている。それにビスを差し込み枠に取り付けていく。
根太をすべて取り付ける根太を取り付けて骨組みが出来上がった状態
床材を張って行く床用スペンサーを利用しながら床材を張って行きます。床材にはビスの下穴があいているので利用して止めていきます。
ベッドフレームが完成しました床材の隙間を均等に確認しながら止めて行き完成です。


ヘッドボード付きをシングルタイプを2台あわせて使う

1)概要:シングルサイズを2台あわせて使う、ヘッドボードも付けられる
2)サイズ:長さ1950mm×幅950mm×高さ350mm×ヘッドボード高さ540mm×2台
3)特徴ヘッドボードを付けられたシングルサイズのベッドフレームで単独で使う場合と合わせてダブルサイズで使う場合も考えられて依頼されています。
4)仕様:国産ヒノキ材使用
5)組み立て時間:組立30分程度

枠と土台脚枠に4方の土台脚を付ける。前側はヘッドボードの為に長くなっている。差し込み溝も掘られている。
根太の取り付け全ての根太掘りに根太を差し込みビスで止める。ビス穴は事前にあけられている。
床板を張る両側はスターターというのを使い、中ごろの床板は床用スペンサーを使い張って行く。
ヘッドボードパネルを差し込む溝にパネルを差し込みヘッドボードを付ける。
下側には下桟を付けるヘッドボードのパネル下には下桟を入れてある。溝が掘られていて差し込む。
笠木を付けるパネルを差し込んだら笠木を付けて頭を納める。
裏側は化粧ベニヤ貼りパネルの裏側は化粧ベニヤが貼られて綺麗にされている。
2台連結する同じ仕様のベッドフレームを2台作り添わせて使う。床高さやヘッドボード、笠木高さも同じである。
1台の大きさは幅950mm×長さ1950mm幅950mm×長さ1950mmを2台連結して使う。
2台のシングルとして、またはダブル1台として使う床高さが同じですのでシングルマットを2台として使うこともダブルマットを1台として使うこともお客様の自由です。


土台脚を6本に補強したベッドフレーム

ベッドフレームの大きさは、長さ2150mm×幅1000mmのシングルタイプを作られました。 特徴として、補強を兼ねた2本脚を追加された6本脚になっています。根太(ネタ)は45mm角材を使用して300mm等間隔に配置しています。 このため、ガッチリした構造になっていて耐過重重量は相当なものに耐えうる仕様です。 床板は90mm×18mmのほぼ無節材を厳選。綺麗な床材になっています。 組立時間は、施工説明書に添っておよそ20分で組みあがります。 国産ヒノキの無垢材でのご提供です。

ベッドフレーム枠の組立枠自体に番付けが符丁されています。それをあわせて組み立てます。
6本脚脚が特徴で中間に2本の6本に追加しています。
クランプベッドフレーム枠と土台脚をビス止め取り付けるのにクランプを使用すると容易になります。
根太組根太を根太掘りされたベッドフレーム枠に取り付けます。
床張り床板を張っていきます。ビス穴があいていますので2本づつ止めていきます。
床張り完成床板をすべて張り終えました。
ベッドフレームの完成綺麗に出来上がりました。
土台脚を6本に補強したベッドフレームの作品へ


組み立て方の実例 - NO.1へ

組み立て方の実例 - NO.2へ

組み立て方の実例 - NO.3へ

組み立て方の実例 - NO.5へ

組み立て方の実例 - NO.6へ

組み立て方の実例 - NO.7へ

組み立て方の実例 - NO.8へ

ベッドフレームの特徴とポイントへ

ベッドフレームのオーダーメイド工房のトップページ

阿部建設〒983-0833宮城県仙台市宮城野区東仙台4丁目2番2号
TEL 022-257-4603 FAX 022-295-6543
亘理工場〒989-2331宮城県亘理郡亘理町吉田字大沢61番10号
TEL 0223-32-1310 FAX 0223-32-1310